納得のいかない切手

台風で雨風がひどいです。
皆さんもお気をつけてください。
お願いします。
今日は早めに寝ますので。
おやすみなさい。

箸にも棒にも掛からぬ存在なのかもしれない、願わくは坂本真綾さんの言葉を借りるなら毒にも薬にもならぬものになりたい。書くことが楽しいから、読んでもらえることが嬉しいからである。西加奈子さんのサラバ中は僕にそのような勇気を与えてくれた。自身を無くす日々、他者に傷つけられ、他者を傷つけながら生きる毎日。

振り向いてくれないような女の子もいる、納得のいかない切手買取が多い、でも、絶望しなく諦めたくないと自分に言い聞かす。そのように考えさせてくれるサラバ中を読み終え、サラバはいよいよクライマックス下巻に向かいます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ