洗練された切手買取からシンプル

いよいよ発売されたiPhoneXs。
見た?
僕の手にあるiPhoneXとなんら変わらぬフォルム。
120ヘルツのフレッシュレートを謳っていても特にその恩恵を感じられない描画性能。
「S」シリーズって今まで裏面に「S」の刻印があったのに今回それもないので本当に「X」と「Xs」の見た目での区別もつかん!
業務で下取りする時、絶対に間違うわ。

去年は「マナ」やってんな。
で、今年は「カナ」を作った。
ほんまにそんな感じ。

そろそろGalaxy信者になろうかな。
うん、そう言えばこの1年間はサムスンへのお布施の方がAppleを上回ってるわ!もうサムスン信者でした!

今日からiPhoneXsとXsMAXの発売。
でも今まで以上に興味が持てない。
「MAX」なんてネーミングセンスがそもそもありえへん。
Appleのサイトも今までの洗練された切手買取からシンプルから、やたら機能を説明する「らしくない長文」とデカデカとしたフォントが目立つ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ