切手カタログ

僕の最初の愛読書は切手カタログだった。とにかく毎日この切手カタログに載ってる切手を眺めては、いろいろと物色して・・・

このページの先頭へ